凸ブログ

​就労移行支援事業所 凸ゼミ福島の凸ブログでは、精神疾患や発達障害に関することや、就労に関すること、時事的なことなど様々な内容のことを扱っています。お楽しみください!!
検索
  • 遠藤 一歩

【参考】ウェクスラー式知能検査とは?

ウェクスラー式知能検査は、

児童期や成人期において最もよく使われる知能検査のひとつ。


ウェクスラー式知能検査には、

児童版のWISC(Wechsler Intelligence Scale for Children、通称ウィスク)、

成人用のWAIS(Wechsler Adult Intelligence Scale、通称ウェイス)、

幼児用のWPPSI(Wechsler Preschool and Primary Scale of Intelligence)の3種類があります。


ウェクスラー式知能検査は、

言語性IQと動作性IQという測定概念を用いて、

個人内差(個人の得意不得意)の測定を試みた

という点が大きな特徴です。 知的障害や発達障害の診断材料のひとつとして用いられることがあります。



リタリコ発達ナビより

https://h-navi.jp/column/article/725

228回の閲覧

最新記事

すべて表示

やりたい仕事と出来る仕事について

皆さん今日は! 新型コロナウイルス禍にあって、雇用や雇止めで仕事を失った人は厚生労働省の発表では、7月8日時点で見込みを含めて、11万13人になったとの事。業種別では製造業が2万人を超えて最も多く、小売り業、飲食業、宿泊業がそれぞれ1万人超となった。この様な中にあって、障害のある方の仕事は増々厳しい滋養協であるが、仕事を選ぶ上で、障害のある方が「やりたい仕事」と「出来る仕事」の区別を明確にして貰う