凸ブログ

​就労移行支援事業所 凸ゼミ福島の凸ブログでは、精神疾患や発達障害に関することや、就労に関すること、時事的なことなど様々な内容のことを扱っています。お楽しみください!!
検索
  • 遠藤 一歩

【参考】ウェクスラー式知能検査とは?

ウェクスラー式知能検査は、

児童期や成人期において最もよく使われる知能検査のひとつ。


ウェクスラー式知能検査には、

児童版のWISC(Wechsler Intelligence Scale for Children、通称ウィスク)、

成人用のWAIS(Wechsler Adult Intelligence Scale、通称ウェイス)、

幼児用のWPPSI(Wechsler Preschool and Primary Scale of Intelligence)の3種類があります。


ウェクスラー式知能検査は、

言語性IQと動作性IQという測定概念を用いて、

個人内差(個人の得意不得意)の測定を試みた

という点が大きな特徴です。 知的障害や発達障害の診断材料のひとつとして用いられることがあります。



リタリコ発達ナビより

https://h-navi.jp/column/article/725

閲覧数:238回

最新記事

すべて表示

皆さん今日は! 現代は情報化社会と云われていますことは皆さんご承知のことと存じます。 しかし、障害者と健常者との情報格差は依然とあります。今は障害者が日常生活や災害時に必要な情報を健常者と同じ様に得ることは難しい状況です。これを、健常者と同じ様に情報を得られるよう支援し、格差の解消を目指す法案が、過日の某新聞に記載されておりました。簡単にこの法案のポイントを記述しておきます。 ・情報伝達機器開発