top of page

ブログ

検索
  • 遠藤 一歩

発達障害/発達障がい_よくある質問#1

Q:自分で自分に発達障害があるのではないかと疑いを持っている人が経験している行動や課題は何がありますか?



A:発達障害の疑いを持つ人が経験する行動や課題は個人によって異なりますが、一般的に以下のような特徴が見られることがあります


  1. コミュニケーションの難しさ: 発達障害を持つ人は、他者との適切なコミュニケーションに難しさを感じることがあります。会話の中で適切なタイミングやトピックの選択が難しいと感じたり、非言語コミュニケーションの理解に課題があることがあります。

  2. 社交的な課題: 発達障害のある人は、友情や社交的な関係を築くのが難しいと感じることがあります。他者との関わりがストレスや不安を引き起こすことがあります。

  3. ルーティンや変化への適応の難しさ: 発達障害のある人は、環境の変化や新しいルーティンへの適応が難しいと感じることがあります。予測可能な環境や安定性が求められることがあります。

  4. 感覚処理の異常: 音や光、触覚などの感覚刺激に対して過敏または低感度であることがあります。これが集中力や日常生活に影響を与えることがあります。

  5. 注意の持続困難: 発達障害のある人は、特定のタスクに集中することが難しく、注意が途切れやすいと感じることがあります。

  6. 興味の焦点が狭い: 特定の興味や活動に強い関心を持ち、それに没頭することがあります。他の活動に興味を示さないことがあるため、多様な経験を得るのが難しい場合があります。


これらの特徴はあくまで一般的なものであり、発達障害の種類や程度によって異なります。疑いを持っている場合は、適切な専門家との相談が重要です。


閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示

脳について_5/5:ポジティブ脳の創り方2

脳の構造を知ることで、感情コントロールや行動変容が容易になるのではないか?と考えましたので、まとめてみました。 第5弾、最終講です。 ポジティブな言葉や行動を繰り返すことで、落ち込んだ感情を持っている人にも非常に効果的な影響を与えることができるかもしれません。 このアプローチは、 ポジティブ心理学や 認知行動療法(CBT)などの心理療法に通じるとも考えられます。 ◆ポジティブな言葉と行動の効果 1

脳について_4/5:ポジティブ脳の創り方

脳の構造を知ることで、感情コントロールや行動変容が容易になるのではないか? と考え、まとめてみました。 第4弾です。 ◆結論 ポジティブな言葉を繰り返し脳に入れる。他人の言葉でも、自分の言葉でもヨシ! ポジティブな言葉を繰り返し脳に入れ、ポジティブな意思決定や行動を繰り返すことで、偏桃体がポジティブな感情反応を引き起こしやすくなるということは十分に考えられます。 これには以下のようなメカニズムが関

脳について_3/5:脳機能から考える習慣づけ

脳の構造を知ることで、感情コントロールや行動変容が容易になるのではないか? と考えたので、まとめました。 第3弾目です。 習慣づけに関して、 他者からの言葉がどのように習慣に影響を与えるか? それに大きく関連する大脳基底核とは何か? について説明します。 ◆大脳基底核の役割 大脳基底核(だいのうきていかく)は、運動の制御や認知機能、感情の処理、そして習慣の形成に関与する脳の深部に位置する一連の構造

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating
bottom of page