top of page

ブログ

検索
  • 遠藤 一歩

発達障害/発達障がい_よくある質問#1

Q:自分で自分に発達障害があるのではないかと疑いを持っている人が経験している行動や課題は何がありますか?



A:発達障害の疑いを持つ人が経験する行動や課題は個人によって異なりますが、一般的に以下のような特徴が見られることがあります


  1. コミュニケーションの難しさ: 発達障害を持つ人は、他者との適切なコミュニケーションに難しさを感じることがあります。会話の中で適切なタイミングやトピックの選択が難しいと感じたり、非言語コミュニケーションの理解に課題があることがあります。

  2. 社交的な課題: 発達障害のある人は、友情や社交的な関係を築くのが難しいと感じることがあります。他者との関わりがストレスや不安を引き起こすことがあります。

  3. ルーティンや変化への適応の難しさ: 発達障害のある人は、環境の変化や新しいルーティンへの適応が難しいと感じることがあります。予測可能な環境や安定性が求められることがあります。

  4. 感覚処理の異常: 音や光、触覚などの感覚刺激に対して過敏または低感度であることがあります。これが集中力や日常生活に影響を与えることがあります。

  5. 注意の持続困難: 発達障害のある人は、特定のタスクに集中することが難しく、注意が途切れやすいと感じることがあります。

  6. 興味の焦点が狭い: 特定の興味や活動に強い関心を持ち、それに没頭することがあります。他の活動に興味を示さないことがあるため、多様な経験を得るのが難しい場合があります。


これらの特徴はあくまで一般的なものであり、発達障害の種類や程度によって異なります。疑いを持っている場合は、適切な専門家との相談が重要です。


閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

【暴露】陰口から学ぶ_障がい者雇用

代表の遠藤です。 凸ゼミ福島では、障害者雇用をしています。 当事者の長期就労のポイントは『自尊心』です。 言い切ります。 そして、お恥かしい話ですが、 デリカシーの足りない私は、そこへの配慮が上手ではありません。 凸ゼミ福島のスタッフの一部は、障がい当事者です。 他のスタッフと給与形態は同じ。 短時間就労からはじめて、慣れてきたら時間を増やしていく。 配慮事項を配慮し、役割分担を区別し、他のスタッ

【発達障がい支援】止めたコト/捨てたコト

発達障がい支援をしている中での気づきと、それに伴ってやめたことがあります。 ◆結論:本質 信頼関係が構築されると、人々はリラックスし、自問自答をはじめる。 そして、何をしたいか?を模索し始める ◆気づき 特性は継続する 好きなコト以外はストレス ストレスの軽減が優先 ◆やめたコト 苦手の克服 協同意識 押しつけ ◆基本方針 自分で決める 信頼する 特性を軽減するのはクスリかシクミ 説明をします。

bottom of page