top of page

ブログ

検索
  • 遠藤 一歩

【お知らせ】第10回_ご家族会

本日2/10㈯14:00から ご家族が集う会を開催します

毎月第3土曜日14:00から定期開催をしております。


今回は、参加者全員で、コミュ力向上を目指します。


何を意識する?


前提条件が変わると、脳が取得する情報が変わります。

当然、その後の時間の質をコントロールするコトができます。


あなたの時間

ご家族の時間をより良くしませんか?


あなたは何を意識しますか?


まだまだ席に余裕がございます。

ご参加、お待ちしております。


◆お申し込み↓




閲覧数:14回0件のコメント

最新記事

すべて表示

【暴露】陰口から学ぶ_障がい者雇用

代表の遠藤です。 凸ゼミ福島では、障害者雇用をしています。 当事者の長期就労のポイントは『自尊心』です。 言い切ります。 そして、お恥かしい話ですが、 デリカシーの足りない私は、そこへの配慮が上手ではありません。 凸ゼミ福島のスタッフの一部は、障がい当事者です。 他のスタッフと給与形態は同じ。 短時間就労からはじめて、慣れてきたら時間を増やしていく。 配慮事項を配慮し、役割分担を区別し、他のスタッ

【発達障がい支援】止めたコト/捨てたコト

発達障がい支援をしている中での気づきと、それに伴ってやめたことがあります。 ◆結論:本質 信頼関係が構築されると、人々はリラックスし、自問自答をはじめる。 そして、何をしたいか?を模索し始める ◆気づき 特性は継続する 好きなコト以外はストレス ストレスの軽減が優先 ◆やめたコト 苦手の克服 協同意識 押しつけ ◆基本方針 自分で決める 信頼する 特性を軽減するのはクスリかシクミ 説明をします。

発達障害/発達障がい_よくある質問#10

一般的に、発達障害がある方は自己肯定感が低い方が多いようにお見受けします。 能力の凸凹からくる失敗経験から得た思い込みだと推察できます。 そんな方々が、『自分ならできる』という自己効力感を持つには、どんな要素やどんな条件が必要だと考えられますか? ◆自己肯定感を高める要素・条件 成功体験の創出: 小さな成功体験から始めて、能力や技術を段階的に向上させることで自己効力感が高まります。成功体験は自信を

bottom of page