凸ブログ

​就労移行支援事業所 凸ゼミ福島の凸ブログでは、精神疾患や発達障害に関することや、就労に関すること、時事的なことなど様々な内容のことを扱っています。お楽しみください!!
検索
  • 新人ピアサポーター

『災難』その8最終章 ∼謎はすべて解けた∼

ここまで真面目に読んでくださった皆様、

まだ終わんないのかよと半ばイラつきながら読んでくださった皆様、ありがとう。


やっと今日ですべての謎は解け、終幕を迎えることが出来るでしょう。


これで安心して年が越せるでしょう。


さて、ざっと前回その7の復習をしましょう。


朝、絨毯のボディソープ除去作業をした私ですが、拭けば拭くほど泡立つ絨毯にどうして良いか分からず、とりあえず先に耳鼻科へと向かうことにしました。


診察室で先生に謎の器具で耳の中をカチャカチャされたのでした。 そして、耳が聞こえにくくなっていたその原因とは!?


それではいってみましょう!!

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

その8最終章 ∼謎はすべて解けた∼


謎の器具をカチャカチャしながら医師はこう言いました。


医師『分かりましたよ。少しチクチクしますよ』


私(チクチク!?)


カチャカチャ…カチャカチャ


カチャカチャ…


医師『こちらです』


私『あ~~~~!!!!!!



なんと先生の手のひらに乗っかっていたのは、『耳栓の頭の部分』だったのです!!!



そうだ、思い出した!

私は高校の頃からやや聴覚過敏気味で、耳栓を思いっきり耳に押し込まないと安心して眠れないのです。100均で買った耳栓をもう何年も毎日耳にぎゅうぎゅうに押し込んで寝ていたのです。そして熟睡すると無意識に耳栓を外してどこかへ放り投げていたのです。


何年も使用を重ねた耳栓が劣化に劣化して無意識に外す時に先っちょだけもげて耳の奥の奥に残っていたのです。


特殊なピンセットで耳栓の頭を取り出していたのですね。


一つ、耳の問題を解決して家路へと向かうのでした。


------------------

自宅に戻り、次は絨毯ボディーソープ問題ボディーソープまみれの服問題である。耳問題を解決したことで私の心の負担は大きく軽減し、テンションも少しずつ上がってきていました。


まず服問題!!


前回は1回のすすぎではすすぎ切れず泡がブクブクたってしまった。。

それじゃあすすぎをMaxの4回に設定したらどうだろう?

ということですすぎ4回作戦でいこう!


そして絨毯問題!!


こちらは雑巾で拭いても泡立つだけだしボディーソープが絨毯に染み込んでいくだけ。

ならば、毛ブラシで絨毯に染み込まぬように何度も何度も泡立たせて泡を除去していけばいいのではないか!?

よし!!それでいこう!!


すすぎをMax4回にセットして洗濯スタート!

そしてその間に毛ブラシでボディーソープを泡立ててひたすら泡の除去!


・・・・・・


・・・・・・


・・・・・・


約1時間後・・・

そろそろすすぎが終わったころかと洗濯機を確認しにいくと、 まだ泡が少し出ているではないか・・・(落胆)


すすぎ4回追加!!


さて絨毯の方は・・・


まだ泡立つものの、だんだん減ってきている。ゴールはもうすぐそこかもしれない。


・・・・・・・


・・・・・・・


そして8回目のすすぎを終えて、泡はまったく立たなくなっていた。

どうやらボディーソープは完全に取り除かれたようだ!


絨毯の方も何とか泡もなくなりほとんど染みも残らないくらいになっていた!!

こちらも一応解決したと言えよう。


とりあえずドライヤーで乾かして仕上げよう。


耳問題、ボディーソープ問題を解決し、やっと一安心・・・

いや、謎がまだ一つ残っている。


なぜボディソープ詰替えの入口に切り込みが入っていたのか問題である。


家族の陰謀か、はたまた私の中にはもう一つの人格がいて・・・、いやいやそれはない。


・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・


じっくり思い出してみる。



そしてハッと思い出した!!



そうだ、一ヶ月前にハンドソープがたまたま切れて家にストックがない時に、一時しのぎとしてボディーソープをちょっとだけハンドソープとして使ったのだった!!!

その時に入口を切ったのだった!!!


そしてそのことをすっかり忘れていた私は、未開封のボディーソープだとすっかり思い込んでいたので、風呂に入る前に忘れずに補充するようにと、無造作にドア付近の服が積んである所へポーンと投げ置いたのだった。


急に聞こえなくなった左耳

絨毯と服に垂れ流されたボディーソープ600ml


これでやっと2つの難を解決することができた。


-------------------------------------------------------------

この難から私が伝えたいこと


とりわけメンタルが繊細な私のようなHSP人にとっては、突発的に起こるストレスに対する心の防御は難しいこと


しかし、日ごろから心身のメンテナンスに気を配り安定状態を保てていれば、突発的ダメージに対する回復も早く、そこから重症化につながる確率も減るだろう


結論


突発的なマイナスの出来事は誰にもいつでも起こり得る。そんな時でもすぐにメンタルを回復させ、ダメージを最小限に抑えるためにも、日ごろの自己管理が大切である。



最後に


このような半ばくだらないお話しに8回もお付き合いいただいた読者の皆様、本当にありがとうございました!


今回この話を通じて私がみなさんに伝えたかったことは上の2つただそれだけなんですよね。『突然の強いストレスはいつ訪れるか分からないから、その時に備えて日ごろから心も体も安定させておきたいですね』ということ。


メンタルが不安定な状態の時に、不意に大きなストレスに襲われた場合、それが引き金となって再発して長期離脱してしまうかもしれません。


安定状態を保てていればメンタル防御力も高い状態になります。

日々起こり得る様々なストレスに負けないためにも日ごろの心身の安定に努めたいものですね。



『災難』その8∼謎はすべて解けた∼ 完!!

23回の閲覧

最新記事

すべて表示

合理的配慮について

皆さん今日は! 先日の新聞の記事に障害者差別解消法の改正案が、今年の通常国会に提出することを検討中とのことです。現行法は、民間事業者は障害者への合理的配慮の提供が努力義務になっている為、義務化する法案とのことです。この法案が今年の通常国会を通過すれば、民間事業所でも障害者が全て合理的配慮を受けることになり、今までよりも働き易くなることが期待されます。それによって今までよりも、安心安全に就労できそう

キャッチコピー​​

  • YouTube
  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
こちらのアイコンをクリックして下さい
Twitter: 凸ゼミ福島公式アカウント。講演や座談会、各種イベントの告知をしています。
YouTube: 利用者さんが中心となり企画から撮影・編集を行いアップしています。
Facebook: イベント等の告知をしています。
Instagram: イベントの告知や事業所内の風景をアップしています。
TEL 024-572-6310

©2019 by 凸. Proudly created with Wix.com