凸ブログ

​就労移行支援事業所 凸ゼミ福島の凸ブログでは、精神疾患や発達障害に関することや、就労に関すること、時事的なことなど様々な内容のことを扱っています。お楽しみください!!
検索
  • 新人ピアサポーター

『災難』その6 ∼泡と心の攻防戦∼

第6話まできました。

このお話は一体いつまで続くのでしょうか。


私にも分かりません!! 笑


当の本人もここまで続くとは思っておりませんでした。 さて前回第5話では、拭いても吹いても泡がアワアワ、ボディソープ600㎖、右耳聞こえませんに心が折れて寝逃げするところまででしたね。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

『災難』その6 ∼泡と心の攻防戦∼ 画像参照:フリー素材


しかし一体なんでボディーソープの詰め替え用600mlの入口が切られていたのだろうか・・・ 寝逃げした私はそのことをただただ考えていた。 そして、いつも間にか朝になっていた。  右耳は聞こえないままだった 心も折れたままだった


そして数か月ぶりに丸一日寝つくした。。。



さらに翌日、

ボディーソープ垂れ流しから2日目


心は回復していたが、右耳がまだ聞こえないままだった。


耳に関してはさすがに病院に行かねばと思い、病院に行ってから会社へ向かいます、

と連絡をいれたのだが、会社は休んでも大丈夫なのできちんと調べてきて欲しいと言われた。


AM8:00

とりあえず病院が始まる時間まで絨毯のボディーソープ除去と、ソープまみれになってしまった服の洗濯だ。服を洗濯機に入れ込み洗濯機を回す、そして乾いたタオルを複数枚用意して絨毯掃除だ。


ゴシゴシ・・・ゴシゴシ・・・、


泡:ブクブクブクブク!!! 

やはりボディソープ600mlはしっかり絨毯に染み込んでいた。。。 泡立ったブクブクをしっかりバケツへ


ゴシゴシ・・・ゴシゴシ・・・、


泡:ブクブクブクブク!!!


ゴシゴシ・・・ゴシゴシ・・・、


泡:ブクブクブクブク!!!


駄目だ!!これは時間がかかる!!! 洗濯機はどうだ??そろそろ「すすぎ」か「脱水」のはず!!! 洗濯機はすすぎの終盤だった。そして中をのぞくと、 ボディーソープのおかげでぜんぜんすすぎきれていない!! バブルバス並みの泡がブクブク言っている・・・


AM9:00

耳の検査をしに病院へ向かう



その7へつづく

閲覧数:14回

最新記事

すべて表示

皆さん今日は! 現代は情報化社会と云われていますことは皆さんご承知のことと存じます。 しかし、障害者と健常者との情報格差は依然とあります。今は障害者が日常生活や災害時に必要な情報を健常者と同じ様に得ることは難しい状況です。これを、健常者と同じ様に情報を得られるよう支援し、格差の解消を目指す法案が、過日の某新聞に記載されておりました。簡単にこの法案のポイントを記述しておきます。 ・情報伝達機器開発