凸ブログ

​就労移行支援事業所 凸ゼミ福島の凸ブログでは、精神疾患や発達障害に関することや、就労に関すること、時事的なことなど様々な内容のことを扱っています。お楽しみください!!
検索
  • 新人ピアサポーター

『災難』その3 ∼謎の液体∼

最終更新: 2020年12月14日

前回のおさらいです。


深夜0時くらいに左耳があんまり聞こえなくなった私はとりあえず状況をはあくするためにも、部屋の明かりをつけようと電気スイッチに向かったのでした。



スイッチに辿り着くその瞬間・・・・・ うわああああああ!!!!

なんじゃこりゃああああああ!!!!!!

なんか踏んだぞおおおおおおお!!!!!!!!!!


前回はここで終わりました。

私の左耳はどうなっているのでしょう?

そして、私は何を踏んでしまったのでしょう?

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

その3 カバー画像:フォト蔵


さて、私は何を踏んでしまったのでしょうか? 感触的には『ヌルっ!!!』とした感覚でした。

範囲は足裏全体でわりと広範囲、大量のヌルっとした液体でノリのような感覚でした。 真っ暗で何も見えない段階ではそれが何なのか全く予想がつきませんでした。 そして何とか電気をつけて部屋が明るくなる・・・・


一体何が何が私の足裏に・・・・


恐る恐る足元に目をやると・・・・


絨毯に何やら『白い液体』が!!!! 「なんじゃこりゃぁぁぁぁ~~~~」 そしてその液体の正体を知るために出所を辿っていく。 Tシャツ、ロンTが重ねて積んである上の方から流れてきている。 もちろんTシャツロンTは液体まみれだ・・・ そして、重なったTシャツの頂上まで見たところで、 液体の謎が解けた。 その4へつづく

42回の閲覧

最新記事

すべて表示

やりたい仕事と出来る仕事について

皆さん今日は! 新型コロナウイルス禍にあって、雇用や雇止めで仕事を失った人は厚生労働省の発表では、7月8日時点で見込みを含めて、11万13人になったとの事。業種別では製造業が2万人を超えて最も多く、小売り業、飲食業、宿泊業がそれぞれ1万人超となった。この様な中にあって、障害のある方の仕事は増々厳しい滋養協であるが、仕事を選ぶ上で、障害のある方が「やりたい仕事」と「出来る仕事」の区別を明確にして貰う