凸ブログ

​就労移行支援事業所 凸ゼミ福島の凸ブログでは、精神疾患や発達障害に関することや、就労に関すること、時事的なことなど様々な内容のことを扱っています。お楽しみください!!
検索
  • 新人ピアサポーター

『災難』その1 ∼異変∼

最終更新: 2020年12月14日


それは23:00∼24:00という何とも珍しい時間のうたた寝でした。

私は寝るときに耳栓をする癖があります。それはうたた寝でも同様。 理由は聴覚過敏で音がすると眠れないからです。子供のころからそうで、隣の部屋の音楽やテレビの音、いびき、等々、基本的に音がするところでは寝たくありません。なので、高校生の頃から寝るときは100均の耳栓を目一杯耳に押し込んで寝ます。今では静かな場所でも耳栓をしなければ安心できなくなってしまいました。


さて話を戻しましょう。


その日は21時くらいにテレビを少し見たんです。

元SMA府の外居さんの番組で、不破ちゃんの災難の日の特集を放送していました。 記憶では、パンを温めたら焦げてしまい、ミキサーでバナナをかき混ぜていたら爆発し、トイレに入ったらトイレットペーパーがちょうど切れていて、原付でスーパーに買いに行こうとしたら車にはねられた、みたいな話だったと思います。でもすべての災難を写真を撮り、SNSにアップする姿に「さすが芸人だな」と思いながら見ていました。


とは言え「作り話じゃね~の?」と思いつつも、私もTwitterで『マイナスのことも笑いのネタに変えてしまう芸人はすごい』とtweetしました。


テレビを見た後で、少し眠くなった私はうとうと眠ってしまいました。23∼24時くらいですね。「明日休みだからま~しゃーないか」て感じでした。


小一時間寝転んで目が覚めると、味わったことのない違和感を感じました。


あれ!! 左耳があんまり聞こえなくなってる!!!!』


その2へ続く


乞うご期待!!!

21回の閲覧

最新記事

すべて表示

やりたい仕事と出来る仕事について

皆さん今日は! 新型コロナウイルス禍にあって、雇用や雇止めで仕事を失った人は厚生労働省の発表では、7月8日時点で見込みを含めて、11万13人になったとの事。業種別では製造業が2万人を超えて最も多く、小売り業、飲食業、宿泊業がそれぞれ1万人超となった。この様な中にあって、障害のある方の仕事は増々厳しい滋養協であるが、仕事を選ぶ上で、障害のある方が「やりたい仕事」と「出来る仕事」の区別を明確にして貰う