top of page

ブログ

検索
  • 執筆者の写真幸治 岡﨑

『安心できる居場所-最終回』(2222words)



みなさんこんにちは、本日④の内容に入る前に、①②③のおさらいをしたいと思います。


①ではマズローの欲求5段階説のお話を。



③では『凸ゼミで行っている清掃』についてをお話しいたしました。


まだ読んでいないという方はタイトルにリンクが貼ってあるので是非!



さて、今回のお話は・・・




1.凸ゼミ福島が安心安全な場所にこだわる理由



凸ゼミ福島は事業所を利用者さんにとって安心安全な場所にするための一つの手段として、清掃にかなり力を入れている、というお話をしました。



ではなぜ安心安全な場所作りにこだわるのでしょうか?



まず一つ目として、メンタル疾患の治療の一環として、同じ悩みを抱える仲間が集まる

安心できる居場所をたくさん持つことが重要とされています。



メンタル疾患の辛さはメンタル疾患同士でないと分かり合えない部分が多々あります。



下手に健常者に相談すると、『全然そんな風に見えないじゃん』とか『俺だって鬱っぽいとこあるよ』とかグサッと刺さる言葉を言われて話終了~となる場合もあります。



メンタル疾患の方の多くは社会との接点が病院だけという方も少なくないようにお見受けします。同じように精神疾患や発達障がいで苦しんでる人がこんなにいるんだと実感することができ安心感を得ることができます。



ひきこもりの方などは接点がまったくない方もいらっしゃるでしょう。



悩んでいるのは自分独りだけって気持ちにもなってしまいます。



そういった方に少しでも社会との接点を持っていただきたく、



よるデコ



というサービスも始めました。



また、凸ゼミ福島を卒業されて社会人になった方々も週末になると事業所に遊びに来て、雑談をしたり代表の遠藤さんにお仕事の相談をしたりしています。



凸ゼミの事業所が安心できる場所だからこそですね。




2.安心安全な場所だからこその

さらにもう一つのメリット



安心安全な場所だからこそのもう一つのメリット・・・



それは、安心して失敗することができるという点が挙げられます。



かつて、何かの本で読んだことがあるのですが、戦後日本の教育は


失敗することは悪


(これが続いたら失敗するのが怖くなりますよね)



とする方針の元で行われ、それが2023年の今でも尾を引いてるそうです



なので、子供たちは自然と幼いころから失敗しないように失敗しないように



できるだけ失敗するリスクを避けるように避けるように育ったそうです。



失敗する➡怒られる➡失敗しないようにする➡チャレンジ精神がなくなっていく➡

責任をとりたくない大人が増えていく➡アメリカのように規格外の天才が生まれにくい





3.安心して失敗できるとは



安心して失敗できる場所、ざっくり言えばですが



失敗すると褒められる!(誇張し過ぎかもですが)



失敗するということは、ある意味、大きな成長をするチャンスを得た!



とも言えます。

凸ゼミではそのように考えます。


(これだと失敗を恐れて萎縮してしまうことはありませんね)



人生ノーミスで最後まで行く人など絶対に誰もいませんよね。



人間は必ずミスをするし成功もする、山あり谷あり・七転び八起です。

もちろん成功体験は大切ですし、努力が実を結ぶということは素晴らしいこと。



でも、思い返して見てください。



人生、失敗経験からこそ大きなことを学んでいませんか?



失敗する➡次は同じ過ちをしないよう対策をする➡対策のおかげで成長する➡また別の問題が現れる➡対策を考える➡問題を乗り越える➡・・・



できる人ってのは『失敗しない人』のことではなく、このサイクルを回し続けている人なのではないでしょうか??



凸ゼミが安心して失敗できる空気や風土作りにこだわる理由はそこにあります。



いい失敗したね~!!




4.凸ゼミ福島の安心して失敗できる模擬職場



凸ゼミ福島で訓練中に失敗してしまった場合、失敗は否定されることはありません。



失敗を否定する、これを続けられてしまうと脳に失敗体験がこびりつくだけでなく、

何か新しいことに挑戦しようと思った時に



『失敗したらどうしよう・・・』



と躊躇してしまうかもしれません。



逆に、失敗を失敗として否定せず失敗を成長の材料と捉え、スタッフと徹底的に考えます



失敗からの気づきは何だったか、


その気づきを言語化し、


次に同じようなシチュエーションと出会った場合はどうするか、



などなど、色々な角度から分析し対策を考えて実践します。



もしそれで駄目だったらまた別の方法を考えます。



失敗は成功の母です。



次第に『失敗しても大丈夫なんだ』という感情が育まれていき、意欲も高まり、

健全なチャレンジ精神を育むことができるのです。



このサイクルを繰り返し繰り返し行うことで、凸ゼミを卒業し、

人生において何か壁にぶつかった場合でも、

自分で考え分析し乗り越えていけるようになります。


-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


他にも様々な練りに練られた訓練を凸ゼミ福島では行っています。


気になる方は是非ホームページをご覧ください。


見学、体験等もいつでもお待ちしております。


4回に渡る安全安心シリーズ、お付き合いいただきありがとうございました!





閲覧数:12回1件のコメント

最新記事

すべて表示

【暴露】陰口から学ぶ_障がい者雇用

代表の遠藤です。 凸ゼミ福島では、障害者雇用をしています。 当事者の長期就労のポイントは『自尊心』です。 言い切ります。 そして、お恥かしい話ですが、 デリカシーの足りない私は、そこへの配慮が上手ではありません。 凸ゼミ福島のスタッフの一部は、障がい当事者です。 他のスタッフと給与形態は同じ。 短時間就労からはじめて、慣れてきたら時間を増やしていく。 配慮事項を配慮し、役割分担を区別し、他のスタッ

【発達障がい支援】止めたコト/捨てたコト

発達障がい支援をしている中での気づきと、それに伴ってやめたことがあります。 ◆結論:本質 信頼関係が構築されると、人々はリラックスし、自問自答をはじめる。 そして、何をしたいか?を模索し始める ◆気づき 特性は継続する 好きなコト以外はストレス ストレスの軽減が優先 ◆やめたコト 苦手の克服 協同意識 押しつけ ◆基本方針 自分で決める 信頼する 特性を軽減するのはクスリかシクミ 説明をします。

bottom of page