検索
  • 幸治 岡﨑

『回避行動』聞いたことありますか?

最終更新: 11月6日

『回避行動』とは心理学用語で、目先のストレスを避けること、逃げることを指します。


まず結論から申し上げますと、『回避行動』をたくさんとり続けていると、、、


①自信喪失の原因になる ②心を病む原因になることも



例えば、

・街で知り合いを見つけたけど気づかないふりをしてしまう

・苦手だからカラオケは一切拒否、行ったとしても断固として歌わない

・歯が水にしみるけど怖いから歯医者に行けない(私です)


『回避行動』をとり続けていると【自信がなくなる➡ますます苦手になる】の負のスパイラルに陥ってしまい、やがて心を病んでしまうこともあるそうです。

私のもとには「(話しかけたいけど)人に話しかけるのが苦手です」という相談がよく寄せられます。そういった方の話をよくよく聞いていると、昔から人に話しかけるという行為から逃げ続けていて、苦手意識が巨大化していることに気が付きます。


人に話しかけるにも色々なシチュエーションがあるので、すべてに通じる解決策はありませんが、やはり苦手を克服するには回避行動から逃げずに立ち向かって、成功体験を積み上げて正のスパイラルを地道に作り上げるのがよいと思います。一夜にして社交的な性格になれる裏技はありません。


ほんの少しの勇気と「天気」「体調」の二つの話題を使えばある程度の会話は成り立ちます。それに慣れてきたら「休みはどうしてましたか?」とか鉄板の定型話題を使えるようになっていけばよいのです。

ほんの少しの勇気、天気、体調、


まずはここから!

がんばってみましょう!!


画像:https://www.minnano-k.com/topics/topics27.html みんなの健康管理室

21回の閲覧

最新記事

すべて表示

「平等」と「公平」

皆さん今日は! 自助・共助・公助については、就任当初菅総理から良く言っておられますので意味はご存じかと思います。でも、平等・公平・公正の言葉の意味はご存じでしょうか?私は今まで余り深く考えていませんでした。今思えば、どこか混同していたところがあったような気がしています。良く考えてみれば、そもそも一人ひとり全て違う人間です。「平等」ではなく「公平・公正」であるべきと、例えば、背の高い人、普通の人、小