凸ブログ

​就労移行支援事業所 凸ゼミ福島の凸ブログでは、精神疾患や発達障害に関することや、就労に関すること、時事的なことなど様々な内容のことを扱っています。お楽しみください!!
検索
  • 新人ピアサポーター

『吃音症』 その4最終回

最終更新: 2020年12月6日

さて、ここまで3回に渡って吃音の話をしてきましたが、他にもエピソードはたくさんあります。すべてを紹介したいところではありますが、長くなるのでまた別の機会があればお話しいたしますね。 吃音という言葉はまだまだ知らない方も多く、どちらかというと「どもり」の方がまだ通じるかもしれません。


ましてや症状はどのようなものかをちゃんと知っている人は当事者と言語聴覚士くらいしかいないといっても過言ではないですね。ときには精神科医ですら知らない場合もあります。精神科の教科書にもほんのちょっとしか載ってないそうです。


私と話していてもほとんど吃音を感じることはないと思います。私は軽度ですし、どもりそうな場面があればそういう場面はできるだけ人目につかないように計らいますからね。 ここまで1~4まで読んでくださった皆様、 もしもご興味があれば下記の吃音に苦しむ方の動画を見てみてください。 吃音でも前向きに夢を追う姿に感動します。

カバー画像:Amazonより

動画:YouTubeより

20回の閲覧

最新記事

すべて表示

やりたい仕事と出来る仕事について

皆さん今日は! 新型コロナウイルス禍にあって、雇用や雇止めで仕事を失った人は厚生労働省の発表では、7月8日時点で見込みを含めて、11万13人になったとの事。業種別では製造業が2万人を超えて最も多く、小売り業、飲食業、宿泊業がそれぞれ1万人超となった。この様な中にあって、障害のある方の仕事は増々厳しい滋養協であるが、仕事を選ぶ上で、障害のある方が「やりたい仕事」と「出来る仕事」の区別を明確にして貰う