凸ブログ

​就労移行支援事業所 凸ゼミ福島の凸ブログでは、精神疾患や発達障害に関することや、就労に関すること、時事的なことなど様々な内容のことを扱っています。お楽しみください!!
検索
  • 新人ピアサポーター

『吃音症』 その4最終回

最終更新: 2020年12月6日

さて、ここまで3回に渡って吃音の話をしてきましたが、他にもエピソードはたくさんあります。すべてを紹介したいところではありますが、長くなるのでまた別の機会があればお話しいたしますね。 吃音という言葉はまだまだ知らない方も多く、どちらかというと「どもり」の方がまだ通じるかもしれません。


ましてや症状はどのようなものかをちゃんと知っている人は当事者と言語聴覚士くらいしかいないといっても過言ではないですね。ときには精神科医ですら知らない場合もあります。精神科の教科書にもほんのちょっとしか載ってないそうです。


私と話していてもほとんど吃音を感じることはないと思います。私は軽度ですし、どもりそうな場面があればそういう場面はできるだけ人目につかないように計らいますからね。 ここまで1~4まで読んでくださった皆様、 もしもご興味があれば下記の吃音に苦しむ方の動画を見てみてください。 吃音でも前向きに夢を追う姿に感動します。

カバー画像:Amazonより

動画:YouTubeより

18回の閲覧

最新記事

すべて表示

コロナ禍でテレワーク実施に地域差

皆さん今日は!今世の中は新型コロナウイルス禍で、テレワーク人口が急激に増加しているようです。テレワークをしている人の割合は都道府県で差があり、トップは東京の45、8% とのことです。全国平均では24、7%で、最も低いのは和歌山県の3、5%で、規模が大きい企業ほど実施しており、以前見た新聞記事によりますと中小企業と最大3、4倍の開きがあったとの事。尚、パーソル総合研究所の調査データによりますと、福島

  • YouTube
  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
こちらのアイコンをクリックして下さい
Twitter: 凸ゼミ福島公式アカウント。講演や座談会、各種イベントの告知をしています。
YouTube: 利用者さんが中心となり企画から撮影・編集を行いアップしています。
Facebook: イベント等の告知をしています。
Instagram: イベントの告知や事業所内の風景をアップしています。
TEL 024-572-6310

©2019 by 凸. Proudly created with Wix.com