top of page

ブログ

検索
  • 新人ピアサポーター

『吃音症』その3

さて、その3では私が経験した吃音で辛かったことトップ級に傷ついた思い出を書くことにします。たくさん傷ついてきましたが、その中でも一番記憶に焼き付いている思い出です。



それは某ホテルのフロントで仕事をしていた時のお話しです。


ホテルのフロントマンはまず出勤したらその日のお客様情報をチェックします。

吃音の私は『お客様の名前』をチェックして言葉が出なそうな名字の方をチェックして、その人が来た時に自分がぶつからないように祈ります。笑

祈ることしかできないのです。笑


一日かなりの人数のお客様が訪れるホテルだったので、当然言いにくいお名前のお客様はたくさんおります。そんなある日、本日のお客様情報の名前に絶対に言えないであろうお客様の名前がありました。それは、


『にただ様』 全国35,100位、約80人


というお名前のお客様でした。

「に た だ さ ま」

頭の中で想像しても吃ってしまう、そんな名前でした。


その日は朝から「にたださま」がいらっしゃるその瞬間を恐れていました。

まあどうせ何人かいるフロントに当たるだろうと淡い期待をいだきながら・・・


お客様がご到着される14時頃、入り口付近で待機していた私の目の前に一人のお客様が。

接客マニュアル通りに『いらっしゃいませ、お名前よろしいですか?』と問う。


お客様『“にただ”と申します』


(心臓ドキっっっ)!!!!!!!!


私「にたださまですね、お荷物お持ちいたします。」


と言えれば理想。


しかし、吃音の私は、


「に・・・・・・に・に・・・・・にた・・にた・・・・・・に・・・に・・・・、

すいません、お名前もう一度よろしかったですか??


にただ様『にただです!(少し怒り)』


私「はい、に・・・に・に・・・・・に・・・・・・にた・・・・・に・・・に・・・・に、たいへん申し訳ございません、お名前もう一度よろしかったですか??(涙涙涙)


にただ様『にただと言いましたよね!?!?


私『大変申し訳ございません!!!にた・・・に・・・・に・・にた・・に・・・・・


にただ様『もういいです!!!!(激怒)


と言って他のフロントマンのところへ向かわれてしまいました。



深く深く傷ついた私は『この仕事無理だ。辞めよう・・・』と思いました。

閲覧数:26回0件のコメント

最新記事

すべて表示

脳について_5/5:ポジティブ脳の創り方2

脳の構造を知ることで、感情コントロールや行動変容が容易になるのではないか?と考えましたので、まとめてみました。 第5弾、最終講です。 ポジティブな言葉や行動を繰り返すことで、落ち込んだ感情を持っている人にも非常に効果的な影響を与えることができるかもしれません。 このアプローチは、 ポジティブ心理学や 認知行動療法(CBT)などの心理療法に通じるとも考えられます。 ◆ポジティブな言葉と行動の効果 1

脳について_4/5:ポジティブ脳の創り方

脳の構造を知ることで、感情コントロールや行動変容が容易になるのではないか? と考え、まとめてみました。 第4弾です。 ◆結論 ポジティブな言葉を繰り返し脳に入れる。他人の言葉でも、自分の言葉でもヨシ! ポジティブな言葉を繰り返し脳に入れ、ポジティブな意思決定や行動を繰り返すことで、偏桃体がポジティブな感情反応を引き起こしやすくなるということは十分に考えられます。 これには以下のようなメカニズムが関

脳について_3/5:脳機能から考える習慣づけ

脳の構造を知ることで、感情コントロールや行動変容が容易になるのではないか? と考えたので、まとめました。 第3弾目です。 習慣づけに関して、 他者からの言葉がどのように習慣に影響を与えるか? それに大きく関連する大脳基底核とは何か? について説明します。 ◆大脳基底核の役割 大脳基底核(だいのうきていかく)は、運動の制御や認知機能、感情の処理、そして習慣の形成に関与する脳の深部に位置する一連の構造

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating
bottom of page