凸ブログ

​就労移行支援事業所 凸ゼミ福島の凸ブログでは、精神疾患や発達障害に関することや、就労に関すること、時事的なことなど様々な内容のことを扱っています。お楽しみください!!
検索
  • ピアサポーター

『偏頭痛』と『片頭痛』どっち? (874Words)


今日はトリビア的なお話し




「へん頭痛」持ちの皆さん(私も含めて)、




片頭痛』と『偏頭痛』どっちが正しいか知っていますか?




私はExcelで管理している体調日記で「へん頭痛」と打つたびに、この疑問が湧いていました。




今までずーーーーーっと、です。




何となく無意識に最初に出てきた漢字「偏頭痛」を使っていました。




しかし、やっと今重い腰を上げて答えを探してみることにしたのです。






結論から言うと・・・




学術的には『片頭痛』が正しいそうです!!




つまり、学術的な論文やガイドラインなどでは『片頭痛』が使われるそうです。




それはなぜか・・・




さかのぼること2世紀、ギリシャの医学者ガレノスが「hemicrania」と名付けたものを

日本語に訳したためだそうです。




hemi」は日本語に訳すと「片がわ」、それで「片頭痛」と訳されたのです。




西洋医学由来のことばなのですね。







ではなぜ『偏頭痛』も浸透しているのか?




それは、ワープロで最初に出てくるのが『偏頭痛』だからだそうです。




確かに、私のスマホでも最初に『偏頭痛』が出てきますね。




なぜか・・・




その理由は、日本の有名な辞書「広辞苑」が『偏頭痛』を採用したからだそうです。(現在は両方を記載してます)




ではなぜ広辞苑は『偏頭痛』を採用したのか、それは中国語の影響からだそうで、中国では未だに「偏頭痛」が一般的だそうです。




こちらは中国由来だったんですね。







しかし実際は




学術的な論文やガイドラインを除いて、われわれ一般人にとっては、




『偏頭痛』でも『片頭痛』でも大した差などは無く、どちらでも大丈夫なのだそうです。




まぁ『片』も『偏』も似たような意味ですしね。




ちなみに、片頭痛はどちらか頭の片方が痛むのが一般的だそうですが、

両側が痛む人もいるそうです。






ということで、




結局は論文などでは「片頭痛」を使うけど、それ以外はどっちでもいいってことですね!




今回は特にオチも何もない、たわいもない記事となりました。




たまにはこんな軽い感じの記事も書いていけたらいいですね。




それではまた!






The End






参考文献:岐阜大学医学部大学院医学研究科脳神経内科学分野コラム

閲覧数:20回

最新記事

すべて表示