top of page

ブログ

検索
  • 遠藤 一歩

『三つ子の魂いつまでも』を実感!

人間の心や精神状態を知ろうとすると、マズローの5段階欲求説が有名です。


この説は、アブラハム・マズローが理論化したものです。


5つ欲求がピラミッド状になっていて、

下から順に欲求が積み上がると言われています。


その5つとは、下から順に

①生理的

②安全

③社会的

④承認

⑤自己実現 と言われています。


凸ゼミを開業してから、精神疾患がある方と多く接しています。

俗にいう『承認欲求』を求める方が多いと言われています。


しかし、

私の実感ですが、

そのいわゆる『承認欲求』が強い方のお話をよく聴かせていただくと、

その一つ下層の『社会的欲求・所属の欲求』が満たされていない方

がほとんどだと感じます。


機能不全家族での成育歴によって、

大人になっても、

更には、

今現在も同居していても、

無意識に他人から『親からの愛情不足』を満たそう

と要求しているようにお見受けします。


当然、

『他人』は親ではありません。

加えて『親からの愛情不足』は幼児期や幼少期に感じた

『過去』であると推察できます。


『他人』から

『過去』の不足分を得ようとする行為は、非常に達成困難。


負の循環に陥るケースがあります。


ご本人がお気づきにならないまま、ご家庭やお子様をお持ちになると、

再生産・連鎖が発生する恐れがあります。


ご本人達やご家族の皆さんに

この現実と仕組みに気付いていただきたく、せつに祈るばかりです。


以下は、Wikipediaを自分なりにまとめたモノです。

ご興味に合わせてお読み取りいただければと思います。


①生理的欲求 (Physiological needs)

生命を維持するための本能的な欲求。動物的なレベルと言える。

食事・睡眠・排泄・性など。


②安全の欲求 (Safety needs)

秩序が整った状態を得ようとする欲求。

経済的安定性、良い健康状態、事故防止・予防・保障など。


③社会的欲求と愛の欲求 (Social needs / Love and belonging)

自分が、社会や他の人間に必要とされているという感覚。

または、家庭や組織に所属しているという感覚。

不足すると、不適応や不安、抑うつ症状の主たる原因になると言われている。


④承認(尊重)の欲求 (Esteem)

自分が他者から価値があると認められることを求める欲求。

尊重のレベルには二つ。

低レベルの欲求は、他者からの注目を得ることを求める。

高いレベルの欲求は、自尊心、自立などを得ることを求める。


⑤自己実現の欲求 (Self-actualization)

自分の能力を発揮し、自分がありたい姿になる欲求。


◆参考:wikipedia


#自立訓練(生活訓練)

閲覧数:54回0件のコメント

最新記事

すべて表示

【暴露】陰口から学ぶ_障がい者雇用

代表の遠藤です。 凸ゼミ福島では、障害者雇用をしています。 当事者の長期就労のポイントは『自尊心』です。 言い切ります。 そして、お恥かしい話ですが、 デリカシーの足りない私は、そこへの配慮が上手ではありません。 凸ゼミ福島のスタッフの一部は、障がい当事者です。 他のスタッフと給与形態は同じ。 短時間就労からはじめて、慣れてきたら時間を増やしていく。 配慮事項を配慮し、役割分担を区別し、他のスタッ

【発達障がい支援】止めたコト/捨てたコト

発達障がい支援をしている中での気づきと、それに伴ってやめたことがあります。 ◆結論:本質 信頼関係が構築されると、人々はリラックスし、自問自答をはじめる。 そして、何をしたいか?を模索し始める ◆気づき 特性は継続する 好きなコト以外はストレス ストレスの軽減が優先 ◆やめたコト 苦手の克服 協同意識 押しつけ ◆基本方針 自分で決める 信頼する 特性を軽減するのはクスリかシクミ 説明をします。

bottom of page