top of page

ブログ

検索
  • 遠藤 一歩

『三つ子の魂いつまでも』を実感!

人間の心や精神状態を知ろうとすると、マズローの5段階欲求説が有名です。


この説は、アブラハム・マズローが理論化したものです。


5つ欲求がピラミッド状になっていて、

下から順に欲求が積み上がると言われています。


その5つとは、下から順に

①生理的

②安全

③社会的

④承認

⑤自己実現 と言われています。


凸ゼミを開業してから、精神疾患がある方と多く接しています。

俗にいう『承認欲求』を求める方が多いと言われています。


しかし、

私の実感ですが、

そのいわゆる『承認欲求』が強い方のお話をよく聴かせていただくと、

その一つ下層の『社会的欲求・所属の欲求』が満たされていない方

がほとんどだと感じます。


機能不全家族での成育歴によって、

大人になっても、

更には、

今現在も同居していても、

無意識に他人から『親からの愛情不足』を満たそう

と要求しているようにお見受けします。


当然、

『他人』は親ではありません。

加えて『親からの愛情不足』は幼児期や幼少期に感じた

『過去』であると推察できます。


『他人』から

『過去』の不足分を得ようとする行為は、非常に達成困難。


負の循環に陥るケースがあります。


ご本人がお気づきにならないまま、ご家庭やお子様をお持ちになると、

再生産・連鎖が発生する恐れがあります。


ご本人達やご家族の皆さんに

この現実と仕組みに気付いていただきたく、せつに祈るばかりです。


以下は、Wikipediaを自分なりにまとめたモノです。

ご興味に合わせてお読み取りいただければと思います。


①生理的欲求 (Physiological needs)

生命を維持するための本能的な欲求。動物的なレベルと言える。

食事・睡眠・排泄・性など。


②安全の欲求 (Safety needs)

秩序が整った状態を得ようとする欲求。

経済的安定性、良い健康状態、事故防止・予防・保障など。


③社会的欲求と愛の欲求 (Social needs / Love and belonging)

自分が、社会や他の人間に必要とされているという感覚。

または、家庭や組織に所属しているという感覚。

不足すると、不適応や不安、抑うつ症状の主たる原因になると言われている。


④承認(尊重)の欲求 (Esteem)

自分が他者から価値があると認められることを求める欲求。

尊重のレベルには二つ。

低レベルの欲求は、他者からの注目を得ることを求める。

高いレベルの欲求は、自尊心、自立などを得ることを求める。


⑤自己実現の欲求 (Self-actualization)

自分の能力を発揮し、自分がありたい姿になる欲求。


◆参考:wikipedia


#自立訓練(生活訓練)

閲覧数:56回0件のコメント

最新記事

すべて表示

脳について_5/5:ポジティブ脳の創り方2

脳の構造を知ることで、感情コントロールや行動変容が容易になるのではないか?と考えましたので、まとめてみました。 第5弾、最終講です。 ポジティブな言葉や行動を繰り返すことで、落ち込んだ感情を持っている人にも非常に効果的な影響を与えることができるかもしれません。 このアプローチは、 ポジティブ心理学や 認知行動療法(CBT)などの心理療法に通じるとも考えられます。 ◆ポジティブな言葉と行動の効果 1

脳について_4/5:ポジティブ脳の創り方

脳の構造を知ることで、感情コントロールや行動変容が容易になるのではないか? と考え、まとめてみました。 第4弾です。 ◆結論 ポジティブな言葉を繰り返し脳に入れる。他人の言葉でも、自分の言葉でもヨシ! ポジティブな言葉を繰り返し脳に入れ、ポジティブな意思決定や行動を繰り返すことで、偏桃体がポジティブな感情反応を引き起こしやすくなるということは十分に考えられます。 これには以下のようなメカニズムが関

脳について_3/5:脳機能から考える習慣づけ

脳の構造を知ることで、感情コントロールや行動変容が容易になるのではないか? と考えたので、まとめました。 第3弾目です。 習慣づけに関して、 他者からの言葉がどのように習慣に影響を与えるか? それに大きく関連する大脳基底核とは何か? について説明します。 ◆大脳基底核の役割 大脳基底核(だいのうきていかく)は、運動の制御や認知機能、感情の処理、そして習慣の形成に関与する脳の深部に位置する一連の構造

コメント

5つ星のうち0と評価されています。
まだ評価がありません

評価を追加
bottom of page