凸ブログ

​就労移行支援事業所 凸ゼミ福島の凸ブログでは、精神疾患や発達障害に関することや、就労に関すること、時事的なことなど様々な内容のことを扱っています。お楽しみください!!
検索
  • m-nagoshi

「違い」と「間違い」とは?


皆さん今日は! 私達毎日の生活の中で、職場や私生活の中で間違いや違った判断をしたり、「それは違う」と言ったり「それは間違い」と言ったりすることがあると思います。

それもあまり意識しないで、「違いも」、「間違いも」混同状態で使っているときもありませんか?そこで今日は「違い」と「間違い」について少しお話をさせて頂きます。文法的に色々とお話しすることはこの場では避けたいと思います。ただ単に、「違い」と「間違い」の言葉の意味について触れて見たいと思います。「間違い」とは「誤り」、「正しくない」、一方「違い」は「異なる点」と言い換えることが出来ます。従って、「間違いはないか」とすると、「誤り」はないかとなりますが、「違いはないか」だと対象になるものを比較して、異なる点はないかという意味に成ってしまいます。この様に一見同じように見えて全く違う意味に成ってしまいます。この様なことは日常よくあることです。使い方に気を付けたいものです。皆さんはどう思われますか?


閲覧数:5回

最新記事

すべて表示

皆さん今日は! 現代は情報化社会と云われていますことは皆さんご承知のことと存じます。 しかし、障害者と健常者との情報格差は依然とあります。今は障害者が日常生活や災害時に必要な情報を健常者と同じ様に得ることは難しい状況です。これを、健常者と同じ様に情報を得られるよう支援し、格差の解消を目指す法案が、過日の某新聞に記載されておりました。簡単にこの法案のポイントを記述しておきます。 ・情報伝達機器開発