©2019 by 凸. Proudly created with Wix.com

TEL 024-572-6310

​提供サービス

就労移行支援は障害者総合支援法に基づく福祉サービスのひとつです。一般企業への就職を目指す障害のある方に就職に必要な知識やスキル向上のためのプログラムの提供、自分に合った働くをみつけるため企業実習、就職した後に安心して働き続けるための職場定着支援をおこなってます。

​①プログラム

就労移行支援は障害者総合支援法に基づく福祉サービスのひとつです。一般企業への就職を目指す障害のある方に就職に必要な知識やスキル向上のためのプログラムの提供、自分に合った働くをみつけるため企業実習、就職した後に安心して働き続けるための職場定着支援をおこなってます。

自分らしく「働く」を見つけるためのプログラム

大切なのは、自分に合った就職をすること、一人で抱え込まないこと。凸ゼミ福島は、一人ひとりに合う「働く」を見つけていけるように、その人の状況や目標、スキルに合わせて取り組むプログラムになっています。

 

◆STEP01 就職準備

生活のリズムを整えながら、

仕事をしていく上で必要なことを学びます。

 

プログラム内容

生活のリズムを整える

安定して通うことができるようになる

自分を知る(自己分析)

仕事をしていく上で、必要なコミュニケーション方法を学ぶ

パソコンやAmazon店舗実習などで、自分に合うスキルを身につける


 

◆STEP02 企業実習

企業での実習を経験しながら、自分に合う職種や働き方を見つけられるように、いろいろチャレンジします。

 

プログラム内容

自分の得意なこと・苦手なことを整理する

就職に必要な企業研究の仕方や、履歴書・経歴書を作成する

企業での実習を経験し、職場の環境について自分の適性を把握する

自己管理方法を身につける

自分の障害の詳細をまとめ説明できるようになる


 

◆STEP03 就職活動

就職活動をおこないます。書類添削や面接、合同面接会への参加など、支援を受けながら活動します。

 

プログラム内容

スタッフと相談しながら、計画にそった就職活動をおこなう

就職活動をしながら、希望条件の優先順位をより明確にする

就職後に、長く働く準備を進める

働く目的を明確にして、将来をイメージする

就職


 

◆STEP04 職場定着

就職した職場で、企業や関係機関のスタッフと連携しながら、働きやすい環境を一緒に築いていきます。

プログラム内容

具体的な業務内容を身につける

企業や関係機関と面談しながら、業務内容の調整や不安を解消する

上司や同僚と適切な関係構築をおこなう

安定して働き続けられるようになる

仕事以外にやりがい・楽しいことを見つける

​②企業実習

企業での職場体験実習

凸ゼミ福島では企業実習(企業での職場体験実習)をおこないます。

「私はこんなことが得意だったんだ」「この仕事って意外と面白いな」など実習を通じて多くの人が自分の新しい一面を発見しています。企業実習は、自分に合う仕事や自分らしい働き方を考える上でとても大切です。

 

ご利用までの流れ

◆STEP01 実習内容の検討 実習に入る前に業務内容・実習場所・期間などについて企業の受入れ担当者と顔合わせし、職場見学をおこないます。 

◆STEP02 企業実習の開始 事前に決めた日程にそって実習をおこないます。必要に応じてスタッフも同行します。実際の職場での仕事や雰囲気を体験ください。 

◆STEP03 実習終了の振返り 実習の最終日に面談をおこないます。実習で感じられたことや改善点などを話しながら、自分に合う仕事を考えていきます。

実習内容の例

事務系

電話対応業務/書類発送作業/照合業務/データ入力/イベント受付対応/人事業務アシスタント/イベント資料準備/ラベル貼り/リサーチ業務

飲食店

開店前の仕込み作業/店内開店準備/清掃/荷受け業務

 

小売業

清掃/陳列・商品補充/品出し/検品/バックヤードでの商品袋詰め/倉庫内での商品整理/棚卸し

 

倉庫・物流

ピッキング/タグ付け/梱包/空き箱回収/商品整理

 

介護施設

介護補助/清掃/調理補助/話し相手/洗濯/データ入力

 

製造業

ラインでの軽作業/事務業務全般/清掃/タイムカード/残業管理

 

その他

図書館での図書整理/ガソリンスタンドでの洗車/給湯室での食器洗い

​③就活支援

あなたの好きなこと、やりたいことに合わせて、はたらきたい企業を見つけましょう。

業界や、企業の分析を行います。

ご自身の特性を履歴書に書いてみます。履歴の添削をスタッフが行います。

面接練習も、スタッフが行います。身だしなみ、立っている時・座っている時の姿勢、お辞儀の角度、じっくり焦らず練習します。

履歴書添削・面接練習を重ねたあなたは、自信をもって面接を受けられるでしょう!

​④職場定着支援

就職活動を経て、いよいよ就労です。

就職が決まると、希望や期待がふくらむと共に不安もよぎるものです。「職場になじめるか?」「人間関係はうまくやっていけるだろうか」という気持ちを抱えて新しい環境へ一歩踏み出します。

企業も同じような不安を抱えています。「ご本人が安心して働けるためにはどのような配慮をすべきか」「他の社員にはどのような説明をすべきか」「業務の指示の仕方はどうすべきか」などの相談を受けることもあります。

また、実際に働きだしてみるとさまざまな問題に直面することがあります。このような不安や悩みや問題に対して、あなたと企業の双方に面談やヒアリングをおこない、仕事内容や業務時間など「働く環境」を調整します。

凸ゼミ福島は、双方の不安を解消していく支援をおこなっていきます。

定着支援の流れ

定着支援の目標は、凸ゼミ福島や関係機関の支援がなくても長期にわたって就労を継続できるようになることです。入社前に、支援期間や支援方法、実施頻度など企業と就労される方の意向に合わせて定着支援計画を立てます。

◆STEP01 内定

企業から内定通知が提示されます。就職先の職場で発生しそうな困り感を検討し、その対策と職場に求めるべき配慮を整理します。

◆STEP02 入社まで

求めたい配慮を企業に説明するとともに、企業とご本人との双方に事前にヒアリングし、関係機関も交えた面談をおこないます。面談で定着支援の方向性や内容を検討し、その内容をふまえて支援計画書を作成します。

◆STEP03 入社直後

ご本人と企業が円滑にコミュニケーションするための職場訪問、業務量の調整、不安の解消などの支援を、関係機関と連携しながらおこないます。障害の特性によっては、企業向けに業務指示方法のレクチャーやアドバイスなどもおこないます。

また、定期的な面談などを継続することで、体調や心境の変化を早期にキャッチし適切な支援につなげます。

◆STEP04 入社数ヶ月~半年

支援の度合いを下げながら、ご本人で周囲の方々に理解や手助けを求めたり、職場環境に働きかけることができるようにしていきます。また一方で、 その職場が就職者を自然に支援できるようになることを目指していきます。

◆STEP05 半年以降

入社半年以降も月に一度の状況確認を行います。

ご本人の状況をみながら、問題がないようなら短時間のヒアリングのみ、必要があれば別途面談を設定したり企業に働きかけたりと、状況に応じた相談支援対応へと移行していきます。ご本人および企業双方が気軽に相談できる関係性を保ちながら継続的な就労をバックアップします。

なお入社半年以降は、定着支援事業所凸ゼミ福島としての定着支援に移行します。